ゲストハウスとは

ゲストハウスとは、ホテルのように一泊いくらで借りられる部屋のことを指します。

アパートのような作りになっていることが多く、簡単に借りられます。

ホテルとの違いは、そこまで洋風で綺麗ではないということの他に、安く借りられるというのがあります。

正確に言うと、通常ホテルですとだいたい1泊一万円ぐらいですが、ゲストハウスは大体一泊2千円から4千円ぐらいになります。

何故これだけ安くできるかというと、基本的に必要最低限意外の掃除などは全てお客さんがやるからです。

もちろんゲストハウスには食事はないため自炊します。

値段が安いため、貧乏大学生が旅行したいときに、旅行先で借りる宿泊先をゲストハウスなどにすると安くついてお得です。

他にも、一部屋に数人泊まっていることもあり、他の人との交流もできます。

これもまたホテルとは違ったところと言えるでしょう。

そのため、旅行先でゲストハウスに泊るなど、そこで友達ができたというのをよく聞きます。

さらに、値段が安いため日本人だけでなく観光に来ている外人なども寝泊りしていることがあります。

他にも、ホテルと違って歯ブラシやバスタオルなどは置いていません。

全て自分で用意する必要があるため、しっかりと準備していきましょう。

準備していかないと、わざわざ安い部屋を借りた意味がなくなってきます。

このようにホテルとはいくつかの違いがありますが、基本は充実したサービスがあるかないかではないでしょうか。

Comments are closed.